分娩は、妊婦とそのご家族が主体となって迎えることが理想と考えます。皆様の希望により近い分娩ができるように、スタッフ一同協力してまいります。

出産後は、同じ月齢の赤ちゃんをもつお母様による育児サークルなどを開催し、お互いの不安や発見、喜びを共有していくお手伝いもしており、出産直後から卒乳までさまざまな母乳に関する相談も母乳外来を通して受け付けています。
妊婦健診の時から、医師・助産師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師・医療助手・クラーク、全てのスタッフが連携・情報を共有し、チーム医療として対応いたします。ご相談がございましたら、なんでもお伝え下さい。

妊婦の皆様が、安心して分娩が迎えられるように準備してまいります。

分娩誘発・分娩促進

 

分娩誘発とは、自然の陣痛が来る前に子宮口の熟化と陣痛を促し、分娩へ導く方法です。分娩促進とは、自然の陣痛が弱く間隔が空いており分娩進行が停滞している場合に、有効陣痛へと促し、分娩へ導く方法です。胎児や母体の状態で医学的に必要と思われる場合、分娩誘発をお勧めする場合がございます。

 

 

 

帝王切開分娩

(真皮縫合)

 

医師の判断のもと、母体や胎児が危険な状態にある場合や、前回帝王切開、骨盤位(逆子)、子宮筋腫や子宮奇形の手術後などに帝王切開分娩を行います。
麻酔は脊椎くも膜下麻酔で行います。脊髄くも膜下麻酔に少量の麻薬を使用し、術後は経口の鎮痛薬を積極的に用いることにより十分な鎮痛を提供しています。腹部の皮膚の切開はPfannenstiel横切開で行います。前回帝王切開の場合や、子宮筋腫などの手術後の場合は、以前の手術の創部を用いて手術を行います。 

最近、傷あとを目立ちにくくする手術が広まりつつありますが、中でも注目されているのが「真皮縫合(しんぴほうごう)」です。

真皮縫合による治療の利点

傷あとが目立ちにくい

傷口があまりつっぱらない

表皮で強く縛る必要がないため、傷口のひきつれなどが起こりにくくなります。

抜糸が不要

精神的苦痛を取り除くことにもつながります。

無痛・和痛分娩

 

当院では分娩中の状況に応じて、ご希望があれば、陰部神経ブロック硬膜外麻酔による和痛・無痛分娩を行っております(対応できない場合もございます)。硬膜外無痛分娩とは、母体の臍下領域の区域麻酔を行うことによって、子宮の収縮の痛み、子宮の出口や膣が開いてくるときの痛み、会陰部が伸ばされる痛みなどを軽減する分娩方法です。

他の痛み止めの方法より効果が確実、分娩後の回復が早い、などの利点もありますが、低血圧、頭痛、陣痛が弱くなるなどの問題点もあります。無痛・和痛分娩の詳しい説明は、外来で行っております。希望の方は担当医師、助産師にご相談ください。
ただし、分娩の進行により対応できない場合もあります。

陣痛時

 

アロマテラピーとしてラベンダーオイルを使用(お好みの香りがあればお教えください)、また陣痛中は、できるだけナーススタッフが付き添い、腰背部のマッサージをしながら、いきみの逃がし方やお産の見通しなどをアドバイスしていきます。頑張りましょうね。

 

面会時間

 

平日・土日祝日共に14:00~20:00
ご主人様、上のお子様、両方の御両親様に限らせて頂きます。
御協力お願い致します。

分娩当日に限り、面会時間を考慮いたします。スタッフへご相談ください。 分娩当日以外は、面会時間をお守りください。
面会の方は、必ず面会ノートに名前を記入してください。

※ 産まれたばかりの赤ちゃんがいます。
感染症の病気にかかっている方やその方との接触の可能性がある場合、発熱・発疹・下痢・嘔吐・咳のある方は、大人も子どもも面会を遠慮してください。

母乳育児

 

当院は、母乳育児を推進しています。
赤ちゃんとお母様がより良い状態で授乳ができる様お手伝いさせていただきます。
ゆっくり・ゆったり授乳を楽しみましょう。

 

 

 

母児同室

 

当院は、母児同室を基本としています。
疲労が著しい時や、体調がすぐれない時は新生児室で赤ちゃんをお預かり致します。

 

さい帯血バンク

 

当院ではさい帯血採取が可能です。

当院では、ステムセル研究所と提携しています。

ご興味をお持ちの方は、ステムセル研究所のホームページをご覧下さい。  

 

お問い合わせ

お問い合わせは 072-861-1103