当院では分娩中の状況に応じて、ご希望があれば硬膜外麻酔や陰部神経ブロックによる無痛・和痛分娩を行っております(対応できない場合もございます)。

詳しい説明は、外来で行っております。希望の方は担当医師、助産師にご相談ください。

=無痛分娩=

■硬膜外麻酔を用いた無痛分娩

当院では無痛分娩を希望される患者様に、現在最も効果的な方法である腰部硬膜外麻酔を行っています。

腰部硬膜外麻酔は分娩中の痛みを和らげますが、おへそから下の局所的な麻酔であるため、意識がなくなったりすることはなく、分娩中の経過は全てわかります。また赤ちゃんに対する悪影響もありません。

「お腹を痛めて産んだ子」という表現がありますが、世界中の統計でも、無痛分娩をした人と、しなかった人で、母子関係に差があるという報告はありません。

硬膜外麻酔とは硬膜外腔に局所麻酔剤を注入し脊髄神経をブロックして、子宮の収縮の痛み、子宮の出口や膣が開いてくるときの痛み、会陰部が伸ばされる痛みなどを軽減する麻酔方法です。麻酔のレベルが調節しやすく、呼吸や循環器への影響が少ないため、比較的血圧低下が起こりにくく、また硬膜外チューブを留置することにより薬剤の追加投与も可能で、より効果的に陣痛を和らげることができます。

無痛分娩の短所として、微弱陣痛になりやすく陣痛促進剤の投与が必要になることが多い、初めてのお産では約8割の方で吸引分娩が必要になることが多い、頭痛が約1%の方に、非常にまれですが局所麻酔薬中毒・硬膜外血腫・膿瘍、神経障害による下肢しびれが認められることなどがありますが、先進国で無痛分娩は一般的な産科麻酔であり、他の痛み止めの方法より効果が確実です。

前回のお産の時の疼痛がトラウマになっている方過緊張や疼痛が我慢できない方妊娠高血圧症候群などに非常に有効な方法です。

当院では経験豊富な医師・助産師をはじめとしたスタッフが母子ともに安全に分娩が終了するようにお手伝い致します。

=和痛分娩=

 ■陰部神経ブロックを用いた和痛分娩

陰部神経ブロックは、1928年 奥園によって日本に紹介された歴史的な産科麻酔法です。ドイツでは無痛分娩法として一般的ですが、我国では長い歴史があるにも拘わらず余り普及していません。その理由として、本法は 1)分娩第1期の痛みをとることができない、2)麻酔作用時間(90~120分)が短い、3)安産効果としての麻酔作用(長所)が余り知られていない、などが挙げられます。 しかし、私自身の経験の経験からも、本法の安全性、自然分娩の長所を引き出す麻酔作用、産婦にとって満足度の高いお産、これらの麻酔作用は安全で満足いくお産のためにすばらしい安産効果を発揮することがわかりました。

方法

分娩第2期の痛みは陰部神経を介して脊髄に伝達されます。この陰部神経を坐骨棘直下(図1)で経膣的に局麻剤でブロックすることによって、産道/会陰部領域(図2)の痛みの緩和と筋弛緩を同時に得ることができます。

麻酔開始時期は子宮口全開大前後、経産婦では経過が早いのでやや早めに行います。麻酔効果時間は90~120分と短時間ですが、麻酔効果が切れた場合は再ブロックを行うことが可能です。当院では、局所麻酔剤1%カルボカイン20mlを左右両側に10mlづつ注射します。感染や局所麻酔薬中毒などの合併症は一例も経験していません。

麻酔効果

鎮痛作用

●最も痛い分娩第2期の産道/会陰部の痛みを軽減させる事が可能。

●初産婦ではブロック前の産痛の60~80%、経産婦では70~90%を除痛できる。

●産道/肛門周囲の痛みが無いため、児娩出時に十分“イキム”事が出来る。

●痛みにともなう産婦の過呼吸は血管収縮を招き、児に低酸素血症をもたらすが、痛みを緩和することによって産婦の呼吸は正常化し、続いて胎児心拍も正常となる。

筋弛緩作用

本法の長所は、産道・会陰部の筋弛緩作用に優れている点です。同部の筋肉を弛緩させることによって産道の抵抗を減らし、よりスムーズに児を娩出させます。その結果、分娩第2期時間は短縮、会陰深部裂傷や吸引分娩・帝王切開の頻度は減少しました。

産婦人科専門医・麻酔科標榜医 院長 安田進太郎

お問い合わせ

お問い合わせは 072-861-1103