子宮筋腫

子宮にできる良性の腫瘍です。 非常に頻度が高く、小さいものを含めると30歳以降の女性の4人~5人に1人の割合で見つかると言われています。無症状に経過し、子宮がん検診や妊娠の健診をきっかけに発見されることも少なくありません。
筋腫のできる場所によって漿膜下筋腫(子宮の表面)、筋層内筋腫(子宮の筋肉の中)、粘膜下筋腫(子宮の内腔)に大別されます。 筋腫の発生、発育には女性ホルモンのエストロゲンが関わっており、エストロゲン分泌の活発な時期に筋腫が大きくなる可能性が高いと言えます。 大きさが増すにつれ生理の量が多くなったり(過多月経)、不正出血、生理痛、腹痛、腰痛、頻尿、さらには不妊など多彩な症状が出現し、それは筋腫の発生場所、大きさや数によって左右されます。

fujin006

fujin007

お問い合わせ

お問い合わせは 072-861-1103