クラミジア

:男性は感染すると排尿痛や尿道から分泌物が出たりするなどの症状があるため、早期の発見はそれほど難しくないのですが、女性の場合は感染しても自覚症状に乏しく、診断が遅れがちになるため注意が必要です。感染して放置していますと、炎症が子宮から卵管を通ってお腹の中まで広がって、腹膜炎を引きおこしたり、卵管が癒着して、将来不妊につながる心配も出てきます。

カンジタ

:真菌(かび)の一種が、腟や外陰部に感染し炎症を来たした疾患です。粉チーズ状のカンジタ特有のおりものが増え、かゆみを強く感じます。とくに妊娠や糖尿病のように全身性に代謝の変化が生じたときや、抗生物質を多用した場合などに発症しやすくなり、治療には、抗真菌薬の膣内挿入と、抗真菌クリームの塗布が行われます。

トリコモナス

:トリコモナス原虫の感染によって出現します。外陰部にかゆみが強く、また泡状のおりものの増加します。顕微鏡などによって原虫の存在を確認し、治療には、抗トリコモナス薬の腟内挿入や内服薬の投与が行われます。

淋菌

:膿のようなおりものや排尿痛などがみられますが、はっきりとした症状を伴わずに経過することも少なくありません。無処置のままだとクラミジアと同様に炎症が骨盤内にまで波及して、さまざまな合併症発症の引き金になります。診断が確定したら抗生物質投与による治療を実施します。

ヘルペスウイルス

:感染後、数日の潜伏期を置いてから外陰部に痛みやかゆみを覚え、さらに水泡、潰瘍ができて高熱を伴う場合もあります。また、患部が下着に触れたりこすれたりしただけでも強い痛みを感じ、そのために排尿もままならないケースもあります。治療は、抗ウイルス製剤の内服や軟膏の患部塗布により数日で症状が改善します。
ただ、この病気はその後もウイルスが体内に潜み続け、体の抵抗力が落ちたりすると再燃する可能性があります。再圧例の症状は初回の感染時より軽いのですが、疲労、アルコール摂取、紫外線刺激、ストレス、睡眠不足などにより再発が誘発されますので、再発を防ぐには、疲労やストレスを避け、適度な運動を行い、睡眠を十分に取って規則正しい生活を送るよう心掛けす。
性器ヘルペスが年に何回(6回以上)も繰り返し再発するような方には、抗ウイルス製剤を最長1年ほど長期にわたって飲んでいただくこともあります。

fujin012

尖圭コンジローマ

:ヒトパピローマウイルス(HPV) 6型、11型(子宮頸がんの発現に関与するHPVとは異なるタイプのウイルス)の感染によって発症する疾患で、外陰部、肛門の周り、腟壁などに先のとがった小さなイボができます。このイボはしばしば多発し、ふつう痛みなどの自覚症状はありませんが、性行為でうつる病気ですから、パートナーへの感染を予防するためにも、きっちりとした治療が必要になります。イボの数が少ない場合は局所麻酔をした上で、電気メスやメスで外科的に取り除いたり、冷凍凝固をしますが、イボの数が多く、かつ広範囲にわたるようなケースは、切除は困難なので病変部に外用クリーム(ベセルナクリーム5%)を塗る薬物療法を選択します。

fujin013

fujin014

お問い合わせ

お問い合わせは 072-861-1103