更年期障害

当院では、更年期障害の症状(のぼせ 動悸 発汗 肩こり ほてり 息切れ 冷え 手足のしびれ イライラ めまい 頭痛 不安感 抑うつ 脱力感 頭重感 不眠傾向 尿もれ 腟の乾燥感 性交障害 粘膜のしみる感じ)に対して、ホルモン補充療法 漢方療法 プラセンタ注射などを行っており、更年期を快適にお過ごしになれるようサポート致します。

fujin001

fujin002

更年期 ホルモン補充療法

アンプル

 ホルモン補充療法(HRT)とは?

 HRTに使用する薬は?

 HRTの効果は?

 HRTの副作用は?

 HRTを始めるにあたって

更年期セルフチェック!

ホルモン補充療法(HRT)とは?

更年期を境として、女性ホルモンの分泌が低下し、それに伴って出現するのぼせ、ほてり、イライラなどの不愉快な症状が更年期障害です。そこで、少なくなった女性ホルモンを補い、これらの症状の改善を図るのがホルモン補充療法です。

基本的には卵胞ホルモン(エストロゲン)の投与でよいのですが、エストロゲン単独投与の場合、ときおり不正出血をみたり、子宮体がんの発生が増えるなどの心配がありますので、これらの予防のために、もう1つの女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)も補充します。

したがって、ホルモン補充療法では通常、エストロゲンとプロゲステロンの両方の女性ホルモンを投与します。

HRTに使用する薬は?

A) エストロゲン剤とプロゲステロン剤の服用

標準的な方法です。よく行われるお薬の飲み方として…

 閉経して5年以上経ち生理を望まない方は: エストロゲン剤とプロゲステロン剤を連続して服用します。

はじめの頃は不正出血があったりしますが、服用を続けているとやがて出血はなくなります。

 閉経後5年以内か、生理のような出血があってもよい方には: エストロゲン剤の連続服用にプロゲステン剤の周期的な服用を付け加えます。

つまり、最初エストロゲン剤単剤を飲み、1ヵ月の後半の10日から2週間ほどは、エストロゲン剤と一緒にプロゲステロン剤も飲みます。

お薬を飲み終えると出血があります。

B) エストロゲン剤の貼り薬・ジェル剤の使用

 塗り薬: このお薬は皮膚から吸収されるタイプで、飲み薬と異なり肝臓に負担をかけず、血栓症が少ないという利点があります。ただ、人によっては、貼った場所の皮膚がかぶれるなどのトラブルもあります。ふつうは生理のような出血はみられません。

 皮膚がかぶれる傾向をお持ちの方には塗り薬を連日投与する方法も行われます。

C) エストロゲンの単独使用

手術などで子宮を摘出された方は: エストロゲンのみを主として連続使用します。

D) 低用量エストロゲンの使用

症状が軽かったり、短期間の使用を希望される方、あるいは腟炎、腟委縮の予防には: エストロゲン作用の弱いお薬が用いられます。飲み薬(エストリール錠、ホーリン錠)と腟錠(エストリール腟錠、ホーリンV錠)があります。

※このようにお薬の投与法は、HRTの実施期間、病状の程度、子宮の有無、閉経からの年数などによって異なります。

HRTの効果は?

顔のほてり、のぼせ、汗をかきやすい、動悸、息切れなどの血管運動神経症状には速やかな効果が期待できますし、イライラ、不安、脱力感などの改善にもかなり有効です。HRTを始めたとたん晴ればれとしたお顔で、「信じられないほどすっきりしました!」とおっしゃる女性も少なくありません。

ほかにも、

・血中のコレステロール値を下げる効果があり、動脈硬化の予防につながる。

・閉経早期から開始した場合はアルツハイマー病の予防効果も期待できる。

・皮膚のコラーゲン量の減少を抑える美肌効果も兼ね備えている。

・骨を形成している骨塩量の減少を抑え、骨そしょう症の予防にも効果的である。

など、生活の質(クオリティオブライフ)を高める理にかなった治療法です。

治療開始の時期はいつ頃がよいのでしょう?

HRTの開始時期は、一般的には閉経直前の頃がよいとされます。しかしながら、すでに閉経後何年か経っていたとしても、それ以降の老化を緩やかにさせる効果は期待できますから、治療を開始するメリットはあります。そういった意味からもHRTは、十分な医学的根拠をもったアンチエイジング法と言えるでしょう。

HRTの副作用は?

治療を始めた頃に、乳房の張りや痛み、あるいはちょっとした出血をみることがありますが、大半は、そのままお薬を使用しているうちになくなってしまいます。なかなか収まらない場合には、ホルモン量を調節するなどして対応します。

ただ、ホルモン剤には若干血液を固まりやすくする働きがありますので、血栓症(血管の中に血液のかたまりができて、血管がつまる状態)には注意が必要です。頻度はマレですが、ふくらはぎの腫れ、むくみ、胸の痛みや強い頭痛などがあった場合には、お薬の使用を止め、すぐにご相談ください。

また、お薬に対するアレルギー、卵巣がんや子宮体がんなどの既往をお持ちの方や、心臓、肝臓に病気をお持ちの方、あるいは高血圧、糖尿病などを治療中の方は、病状を悪化させることもありますので、お薬をつかってもよいかの判定は慎重になります。

HRTを行ってはいけない方

2009年に学会から「ホルモン補充療法のガイドライン」が出され、HRTを行ってはいけない場合が示されました。

それは

・重度の肝臓疾患のある人

・乳がんおよびその既往のある人

・原因不明の性器出血のある人

・妊娠が疑われる人

・血栓性静脈炎、血栓塞栓症とその既往のある人

・冠動脈疾患の既往のある人

・脳卒中の既往のある人

で、このような方々にはHRTは実施できず他の方法が試みられます。

HRTとがんとの関連について

HRTを行うと、がんが発症すると心配される方がいらっしゃいますが、子宮頸がんとの関連は、特別認められていません。

また、子宮体がんについては、エストロゲンにプロゲステロンを併用することによって、その発症を抑えることが可能です。

乳がんについては、2002年に米国のWHIが、5年間HRTを実施したグループで乳がん患者数が増加したと報告(年間の乳がん患者が人口1万人あたり30人から38人へ上昇)しましたが、もともと肥満、高血圧、喫煙者の女性を多く含む、いわば発がんリスクの高い人たちが対象であったことや、この数字をそのまま日本人に置き換えると人口1万人あたりの発症者数が8人より11人に増える程度にとどまるなどから、それほど神経質にならなくてもよいのではないかと理解されます。ただ、HRTを行っているいないにかかわらず、乳がん検診は常に必要な検査です。

お問い合わせ

お問い合わせは 072-861-1103