バルトリン腺造袋術

突然外陰部が腫れてすごい痛みに襲われる。そんなつらい経験をされた方も少なくないと思います。ここでは、外陰部の感染症として起こるバルトリン腺膿瘍について解説します。

1 バルトリン腺って何?
バルトリン腺はセックスがスムーズにできるように、性的に興奮した時に粘液を分泌して外陰~膣に潤いをあたえます。バルトリン腺は膣の入り口の時計方向の5時と7時の方向にあります。
通常の状態では、触ってもどこにあるか分かりません。

2 バルトリン腺嚢胞、バルトリン腺膿瘍って何?

バルトリン腺嚢胞
バルトリン腺の出口が何らかの原因で閉鎖してしまうと、バルトリン腺の中で作られた分泌物が外へ流れることができなくなります。このため、バルトリン腺が拡大して嚢胞を形成します(水風船を思い浮かべていただくと分かり易いかもしれません)。これがバルトリン腺嚢胞です。
閉鎖した腺の出口が再開通し、自然に軽快することがあります。中に感染していない場合には痛みはありません。

バルトリン腺膿瘍
バルトリン腺嚢胞の中に感染を起こした場合に「膿瘍」となります。この場合は激しい痛みを伴い、座ることもできないくらいになります。外陰部は大きく腫れて触るだけで痛みを伴います。
内部には膿が貯留しています。

3 バルトリン腺膿瘍の治療は?

① 穿刺→内容物吸引、抗生物質投与
膨らんだ部分を注射針で穿刺し、内容を吸引します。その後抗生物質を投薬し、感染の治療を行います。しかし、この方法は穿刺した針の穴がふさがるため、再発する場合が多くなります。
② 開窓術(造袋術)(下イラスト)
バルトリン膿瘍部分の皮膚を切除し、内部とつながるようにする小手術になります。内部に貯まった膿を持続的に外に排出することで、感染症状が落ち着いてきます。
手術は局所麻酔でも可能ですが、痛みに対する恐怖感の強い方などは静脈麻酔(眠っている間に手術が終わります)で行います。

※ 静脈麻酔の場合には手術当日の絶飲食が必要です。
※ バルトリン腺膿瘍の治療は日帰りで可能です。

fujin019

お問い合わせ

お問い合わせは 072-861-1103