心臓スクリーニング外来についてのご案内

お腹の赤ちゃんの先天性心疾患は約100人に一人の割合で生じると言われています。

また、高齢妊娠、母体の糖尿病合併や、両親の心疾患の既往、前児の心疾患の既往や、

普段の健診でお腹の赤ちゃんが小さめだったりするとそのリスクが高くなります。

赤ちゃんの心疾患は、新生児死亡の原因の20%を占めると言われていますが、妊娠中に

赤ちゃんの心臓疾患を発見することで、治癒率が著明に上昇します。

当院では大阪医科大学付属病院の小児科心臓専門の医師が、下記日時に当院で、

希望者の方を対象にお腹の赤ちゃんの心臓のスクリーニング検査を施行しています。

ご希望の方はスタッフに声をかけてください。

 

日時:毎月 第1,3,5 木曜日 14時半より

あああ一人10~30分

あああ(状況に応じて時間の前後がありますので予約時間より多少お待ち

ああああいただくことがあります。ご了承ください。)

費用:3,000円

対象:当院で妊婦健診を受けておられる妊婦さま対象

あああ28週前後が赤ちゃんの心臓が見やすい時期なので、出来ればその時期での予約を

あああお願いいたします。

お問い合わせ

お問い合わせは 072-861-1103